6年間のクラス編成

習熟度や希望大学に応じたクラス編成

6年間のクラス編成

東京電機大学中学校・高等学校では、生徒一人ひとりの力をしっかりと伸ばしていくために、少人数制度を採用したきめ細やかな指導を行っています。
そのために学年ごとに目標を掲げ、個人の実力にあったクラスを編成しています。

また、きめ細かな指導だけでなく、自分の好きなところはしっかり伸ばし苦手な部分は克服する、といった理想的な学習環境も実現できました。

中高一貫生

6年間のクラス編成

中高一貫生は中学3年以降、「応用力養成クラス」と「基礎力充実クラス」に分かれます。教育課程(各教科の授業時間数)は共通ですが、授業の内容が異なります。
高校2年から理系と文系のコース選択を行います。

6年間のクラス編成

習熟度に応じたクラス編成

  • 応用力養成クラス

    応用力養成クラス

    国公立大学・難関私立大学への現役進学を目標に効率的な学習指導で応用力を積み上げていきます

    中学3年進学時に、十分な基礎学力をもつ生徒を選抜して編成されるクラス。応用的・発展的な内容を中心とする授業で、生徒の学習到達度に合わせた学習指導を徹底します。高校2年以降は志望大学・学部によって理系・文系に分かれ、入試問題演習を積極的に取り入れるなど、個々に必要な学力を重点的・集中的に高めます。

  • 基礎力充実クラス

    基礎力充実クラス

    生徒それぞれの学習段階を見極めながら基礎学力を定着させ学習意欲を高めて希望進路の実現へと導きます

    一人ひとりの学習段階を見極め、学び残しがないように放課後学習や個別指導も行います。高校2年以降は、理系・文系のコース選択や自由選択科目の設定などを通じて、大学受験に向けた目的意識を高めながら、個々に必要な学力を重点的・集中的に高めます。

高校入学生

3年間のクラス編成

高校入学生は、高校入学生のみでホームルームを編成します。
高校2年から理系と文系のコース選択を行います。

3年間のクラス編成

関連コンテンツ