祝、日本生徒会大賞受賞

2017.06.05

一般社団法人生徒会活動支援協会が開催している日本生徒会大賞2017において、
高等学校生徒会が団体の部で大賞を受賞、また、個人の部で前生徒会会長遠藤隆太くんが特別賞を受賞しました。

賞は大賞、特別賞、優秀賞、奨励賞とあり、応募は全国から多数寄せられているとのことですので、
非常に価値のある賞の受賞となりました。

生徒会大賞とは

生徒会活動そのものへのコミットメントの低下に加え、生徒の意見が反映されにくい学校体制、学校や先生の生徒会に対する理解の乏しさ、地域や自治体による生徒会のエンパワーメントの不足などの事情により、最近生徒会の活動は停滞気味といわれています。

一方社会のあらゆる場面でこども・若者を意思決定に組み込むことは「若者政策」の中でも世界的にも大きな流れとなってきており、若者が意思決定にかかわることは大人と異なる見方を取り入れるだけでなく、様々な人や意見を取りまとめるというスキルアップにもつながり、教育的な観点からも有益といえます。

そういったことから、日本全国の生徒会活動の活性化を目的とし、一般社団法人生徒会活動支援協会が様々な活動をしており、その活動の一つが「日本生徒会大賞」となっております。

5月21日の応募締め切り後、有識者による選考委員会で選考が行われ、6月3日に各賞が発表されました。

(生徒会活動支援協会ホームページより)