第21回「『前田純孝賞』学生短歌コンクール」で新温泉町教育長賞・神戸新聞社賞・学校賞などを受賞

2016.04.11

第21回「『前田純孝賞』学生短歌コンクール」(主催:兵庫県新温泉町・新温泉町教育委員会・神戸新聞社)において、本校の笹島慎之助君(中学2年)が「新温泉町教育長賞」、矢島克樹君(中学2年)が「神戸新聞社賞」、坂本匠海君(中学2年)が佳作を受賞し、本校も「学校賞」を受賞することになりました。

この「『前田純孝賞』学生短歌コンクール」は、「東の啄木(石川啄木)、西の翠渓(前田純孝)」と短歌界で高く評価されている明治の歌人「前田純孝(号:翠渓)」について、次代を担う多くの若者に知ってもらうとともに、広く短歌に関心を持ってもらうことを目的に、1994年から開催されています。

21回目となる今回のコンクールには、4,405首(中高校生の部3,506首、大学生の部899首)の応募があり、佐佐木幸綱先生によって審査、選考が行われました。

受賞作品は以下のとおりです。

●新温泉町教育長賞
笹島慎之助君 (中学2年) 
 夕ぐれの 紅葉色づく 庭さきは だいだい色の 光さしこむ

●神戸新聞社賞
矢島克樹君 (中学2年) 
 ラフティング 今年も来たぞ みなかみへ 増水していて スリル満点

●佳作
坂本匠海君 (中学2年) 
 勇壮な 太鼓の囃子と 笛の音と ねぶたの灯りが 夜空を焦がす