トップ >  教育について > TDU 4D-Lab

学年を超えた総合学習 「TDU 4D-Lab」

大学のゼミナールをイメージした学年横断(中2~高2)型の
グループ研究組織=Lab(ラボ)を通じた課題探求学習

4D-Lab

4D-Lab

TDU 4D-Lab とは

 本校では学習指導のあり方についてさまざまな見直し・改良に取り組んできました。今回「総合学習」の分野においても、中高一貫教育の特徴を生かした新しい試みとして、学年横断型ゼミ学習「TDU 4D-Lab」を実施することになりました。
 「TDU 4D-Lab」は、従来中学3年生が行っていた卒業研究の発展形です。Labの活動においては中学生と高校生がメンバーとして協力し合い、一つのテーマに沿ったグループ研究を行うもので、大学のゼミ学習をイメージしています。
 学習の流れは、課題を見つけ、調査し、自ら考え、その成果を発表する、という4つのステップからなります。その結果、よりレベルの高い次の課題へとつながる、上昇スパイラルの学習サイクルが生まれることを意図しています。この4ステップのサイクルを通して、5つの力「視野の広さ」「冒険心」「専門性」「共感」「向上心」を身につけることが、この学習の最大の目的です。グローバル化・ボーダレス化が進み、加速度的に変化してゆくこれからの社会を生き抜くために、これらは不可欠な能力であると同時に、本校の校訓「人間らしく生きる」ことにつながる資質であると、私たちは考えます。
 また、異なる年齢の生徒同士が4年間一緒に取り組む中で、下級生は上級生に学び、上級生は下級生を指導することで自らも視野を広げます。自主性や協調性を育成する効果も期待されます。

 「4D」とは、三次元を意味する「3D」に「時間」の概念を加えた四次元のことで、時代がどのように移り変わっても欠かせない「社会における普遍性」を意味しています。

TDUが考えた20年後の世界で必要とされる資質=5つの力

5つの力

視野の広さ 物事を多角的な視点によって捉えると同時に、自己を客観的に分析し、その価値を見出す力
冒険心リスクを恐れず、一歩踏み出す勇気をもって、積極的に物事にチャレンジしようとする力
専門性自己の適性を見定め、その分野についての知識・技能を自ら修得し、深化させようとする力
共感他者への理解を深め、お互いに認め合い、個々の持っている能力を積極的に活かそうとする力
向上心さらなる成長を目指して目標を設定し、その達成のために粘り強く努力しようとする力

 

よりレベルの高い次の課題へとつながる上昇スパイラルの学習サイクル

上昇スパイラル

研究テーマ

【社会・国際学】
Noテーマ
1日本とアメリカを知ろう
2おもてなし
3ラーメン
4戦争を知る
5社会科見学に行こう
 ~真実の見つけ方~
6目指せ、高校生社長
 ~イノベーターに君もなろう~
7あるある解決!アイデア商品の開発
8お菓子で考える社会学
9ミリオネアになろう
10働くことで社会との関わりを知る

 

【人文・文化学】
Noテーマ
1多言語社会における英語
2日本古代文学研究
3「校歌」のこころ
4日本庭園のしくみ
5土地の高低差から歴史を見る
6世界遺産
7高校生クイズ
8実験考古学
9糸の持つ可能性
10こころを考える

 

【生命・環境学】
Noテーマ
1歩く
2ビオトープを作ろう!         
3麹菌のはたらき

 

【理工学】
Noテーマ
1戦後の自動車の歴史
2数学の難問にチャレンジしよう
3災害レンジャー電大支部
4おもちゃを作る
5目指せ技能オリンピック
6模型を作ろう
7金属の製錬
8電子電気実験
9ニセ科学にだまされるな

 

【情報学】
Noテーマ
1TDU広報室
2オーディオドラマ・ドキュメンタリー作り
3ITマナー向上委員会
【体育・芸術学】
Noテーマ
1TDU体育祭企画室
2TDU武蔵野祭企画室
3電大中高文化祭向上委員会

 

pagetop

search

閉じる