第33回全国短歌フォーラムin塩尻「学生の部」で秀作賞受賞

2019.12.11

第33回全国短歌フォーラムin塩尻「学生の部」において、本校の中学3年生8名が秀作賞を受賞しました。
今大会は、個人応募を含み小・中・高校より、11,500首の作品が寄せられ、小島ゆかり氏(歌人)、穂村弘氏(歌人)による厳正なる審査が行われました。
審査の結果、以下の生徒が秀作賞を受賞しました。おめでとうございます。受賞作品は以下のとおりです。

●秀作賞

日山 怜君(中学3年)

 軒下で 鳴かないセミが 仰向に 突けばとびたつ 最後の力

吉野 大翼君(中学3年)

 夏休み 僕の宿題 見守って 心身いやす 猫との日々だ

今野 大翔君(中学3年)

 山歩く 夜明けと共に あるきだす 帰路に立ち背に 夕日を背おう

島田 隼門君(中学3年)

 外見ると 青々とした 花々に ぽつぽつと降る 雨のしずけさ

小林 優人君(中学3年)

 夏休み 自転車を本気で こいでいく それでも道は 長く続いている

堤 健介君(中学3年)

 夏合宿 素振りは千本 手は限界 試合で成果 やって喜ぶ

山岸 夕禅君(中学3年)

 太陽が 白く輝く 夏の空 積乱雲も 白くまばゆい

田島 涼平君(中学3年)

 部活のね 役目がやっと 終わったよ 後輩たちに 後はまかした