第30回「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」佳作特別賞ほか受賞

2019.09.03

昨年11月3日から今年2月末日まで募集していた「第30回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」入賞作品2,000句が決定しました。今回は過去最多の199万5869句の応募がありました。
日本語俳句の審査は、俳人の安西篤氏、黒田杏子氏、女優の吉行和子氏、写真家の浅井愼平氏、作家の宮部みゆき氏、日本語学者の金田一秀穂氏、ギタリストの村治佳織氏、作家・クリエイターのいとうせいこう氏の、各分野の第一人者8名で行われ、審査の結果、以下の生徒が入賞・入選しました。おめでとうございます。受賞作品は以下のとおりです。

●佳作特別賞

中学3年C組 井関 梨乃さん

愛犬が 進化しました こたつ犬

高校1年1組 宮野 詩織さん

早起きし 生存確認 雪だるま

●佳作

中学3年A組 葛西 啓生君

冬になり あっと驚く 電気代

中学3年C組 宇田川 武稔君

親戚が お金に見える お正月

高校1年1組 服部 心平君

朝起きて 親の寝癖で 初笑い