日本生徒会大賞2019 特別賞を受賞

2019.06.13

平成30年度生徒会執行部
石田あいさん 近藤果歩さん 武野詩音さん 来住野朱音さん 高橋洋人君

 この度、平成30年度高等学校生徒会が、「日本生徒会大賞2019(生徒会活動支援協会主催)」の特別賞を受賞しました。受賞に際しては、JR東小金井駅と共同で取り組んでいた「歩きスマホ防止キャンペーン」が高く評価されました。
 このキャンペーンは、高校生徒会の執行部が中心となって企画し、各クラブに呼びかけて実現したものです。キャンペーン中は、漫画美術同好会がデザインしたポスターを駅構内に掲示し、放送部の生徒が「歩きスマホは危険です」と構内放送を行いました。また、高校生徒会の執行部が利用客の皆さんに注意喚起のメッセージを記したポケットティッシュを配布するなど、生徒たちと駅員の皆さんが協力して、「歩きスマホ」の危険性を呼びかけました。こうした活動の結果、東小金井駅からは、「明らかに歩きスマホが減った」との声をいただいています。
 今回の活動を通して、東小金井駅を利用している地域の皆さまにも、本校生徒たちの様子を認知していただけたことと感じています。今後もさまざまな活動を通して、地域との密着を図っていきたいと考えています。

  • 生徒会執行部の生徒たちが駅構内で活動

  • 駅に掲示されたポスター

平成30年度生徒会会計 高橋洋人君
「昨年、僕はカンボジアでのボランティアツアーに参加しました。そこで、貢献活動の意義や、人と人とが直接関わり合う地域社会の大切さを学びました。現代ではSNSなどが発達し、情報交換が容易な社会ではありますが、僕たちは、地域の方々に直接呼びかける重要性を感じ、この企画を考えました。僕たちの活動がこうした評価をいただけたことを嬉しく思うとともに、これまでの活動にご協力いただきました方々に感謝申し上げます。今後は、我々の行ってきた活動が市内だけでなく、さまざまな地域に広がることを願って、活動していきたいと思います。」