第12回恋人の聖地「綾町・照葉短歌賞」高校生の部にて次点に選定

2019.05.15

第12回恋人の聖地「綾町・照葉短歌賞」高校生の部(主催:宮崎県諸見郡綾町・綾町教育委員会・綾町観光協会)において、本校卒業生の加藤唯さん・佐々木将仁君(卒業生、応募当時高校3年)が、入選こそ逃したものの、次点に選定されました。

この「綾町・照葉短歌賞」は、誰もが大切にしている「愛」をテーマに短歌を募集したもので、第12回目となる今回は、応募総数1,946首、うち高校生の部900首の応募があったそうです。選者である伊藤一彦氏(現代歌人協会理事)による厳正な審査、選定が行われました。

生徒作品は以下のとおりです。

●次点

加藤 唯さん (卒業生、応募当時高校3年)

 好きだけど 心に鍵を かけたから これから先に あなたはいない


佐々木 将仁君(卒業生、応募当時高校3年)

 姉の部屋 広くていいな 使いたい どなたか姉を もらってください