「校長ブログ」 No.180(2020年3月27日)

2020.03.27

新学期を迎えるために…

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。世界全体での感染者数は50万人を超えました。欧米諸国に比べると日本はそれほど感染者数が急増しているようには見えませんでしたが、東京都では今週に入って感染者が急増しており、都知事は「感染爆発の重大局面」との危機感から、28日、29日の不要不急の外出自粛を要請しました。これを受けて明日は本校も窓口業務を休止します。

このように事態が刻々と変化していて、先を見通すことが非常に難しい状況にありますが、本校では文科省から示された指針をふまえながら、新学期からの学校再開をめざしています。この1ヶ月間、生徒諸君の姿が見えない学校では、何とも奇妙な空気が流れていました。学校は生徒がいて成り立つ、改めてそう感じました。

全国一斉休校中は、ネットを介した遠隔授業やオンライン会議システムを利用して、生徒の健康状況や自宅学習状況を確認したりする学校もあったようです。今回のような状況ではこうした手段は大変役に立ちますし、本校でも新入生から一人一台タブレットを持ってもらうことになっていますから、必然的にそうしたシステムの導入が進むことになります。便利なものをどんどん利用するのは大いにけっこうなことだと思います。でも、やはり学校という空間は、人と人とが向きあい、対話しながら、ふれあいながら、そして互いに影響しあって成長する場であるべきと思うのです。そんなことを考えた3月でした。

予定通りに新学期を迎えるために、みなさんにお願いがあります。感染拡大の傾向が続く中で、みなさんの命と健康を守りながら学校を再開するためには、教職員含めて一人一人が感染予防に努めてもらわないとなりません。
  • こまめな手洗いを励行しましょう。
  • 咳エチケットを励行しましょう。
  • できるだけマスクを着用しましょう。使い捨てマスクがなければ、手作りマスクや布製マスクでも大丈夫です。それもなければ、ハンカチやティッシュ、袖口で口や鼻を覆うように。
  • 毎朝起きたら、必ず検温して下さい。もし発熱していたり風邪のような症状があったりしたら、無理をせず自宅で休養して下さい。
  • 1時間に1回は換気するようにしましょう。
  • できるだけ人ごみを避けるようにしましょう。通学時は電車やバスの中での会話は控えるなど、飛沫感染の防止に努めてください。

本校では、当分の間、通勤時間のピークを避けるため、登校時間の繰り下げ・下校時間の繰り上げを実施する予定です。また全校集会・学年集会は中止し、カフェテリアの利用制限などの措置も考えています。部活動についても制限がかかることになるでしょう。いろいろな面でみなさんには不自由を強いることになりますが、感染症からみなさんを守りながら学校を再開するためには必要なことです。みなさんのご協力を重ねてお願いします。

校庭の桜が満開を迎えました(撮影 3月24日)

校門の桜も見頃です(撮影 3月27日)

明日から天気は下り坂、今日が見納めになるかもしれません…