「校長ブログ」 No.53(2016年6月3日)

2016.06.03

卒業生は学校の宝です ~同窓会総会開催(5/28)~

5月28日(土)、「東京電機大学中学・高等学校同窓会」の総会が校内で行われました。

同窓会は「母校の発展に寄与すると共に同窓会員の交流と親睦を図る」ことを目的とした組織です。卒業生への支援事業としてクラス会や同期会開催の援助に加えて、秋の武蔵野祭(文化祭)では卒業生のための休憩スペース(だんわ室)を開設されています。もちろん在校生へもご支援いただいており、入学式に新入生に配られる記念品(キーホルダー)や、卒業式で渡される卒業証書挟みなどは同窓会からのプレゼントです。

今年の総会には、今春卒業したばかりの新入会員から80歳を過ぎてなお元気溌剌なオールドボーイまで50名以上の卒業生が出席されました。私も同窓会名誉会長として一言ごあいさつさせていただきました。

卒業生から「学校での学びや経験が実社会に出てから大いに役立った」と言っていただけることが私たちの誇りであり、卒業生が社会のそれぞれの場において活躍されている姿を見ることが私たちの喜びでもあります。

まさに卒業生は学校にとっての宝なのです。

折しも、月曜日(5月30日)からは教育実習が始まりました。今年は8名の卒業生が参加しています。母校で実習できることに感謝しつつ、ここで得られた貴重な経験を生かして「教職」という夢の実現に邁進して欲しいと心から願っています。