高校1年生「高校生活スタートセミナー」実施報告

2015.04.27

4月21日(火)から23日(木)の2泊3日の日程で、高1生を対象とした「高校生活スタートセミナー」を湯河原にて実施いたしました。高校入学後の初めての宿泊行事ということで、到着した当初は緊張した雰囲気でしたが、日程が進むにつれて徐々にお互いが打ち解け合い、順調に予定のプログラムを実施することができました。

1日目の午後は、「外部講師による社会人講話」です。


卒業生を講師に迎え、「専門性を身につけることの大切さ」「社会に出て働くことの意味」「コミュニケーションの重要性」「高校生活で身に着けておきたい能力」などについて話していただきました。3Dプリンターの実演などもあり、生徒たちは興味深く耳を傾けていました。

また、その後は各教科による「学習方法ガイダンス」なども行われ、就寝前の学習時間では、ガイダンスでのアドバイスを数学・英語の学習で実践していました。




2日目には、進路指導部長による「進路講話」に続いて、今回のセミナーの柱である「キャリアプログラム」を行いました。



クラスを4~5名のグループに分けて、与えられたミッションをクリアするためにグループ内で話し合いを重ねていきます。このプログラムは、グループの対抗戦という形式をとりながら、「意思決定には”結果”と”責任”が伴う」ことを学習するための意思決定力養成シミュレーションです。自分たちの下した判断がなかなか思うような結果に結びつかない難しさを感じながらも、最終結果発表では勝者に惜しみない拍手が自然と湧き上がりました。


最終日には芦ノ湖で遊覧船に乗り、小田原での昼食後帰途につきました。久しぶりの屋外での活動でしたが、好天にも恵まれ、生徒たちにとってはお互いの親睦を深める良い機会だったと思います。



全日程を通じて大きな事故もなく、予定のプログラムを実施できたことで、たいへん有意義なセミナーとなりました。高校1年生のみなさんには、このセミナーで学習したことを今後の高校生活に生かすことで、充実した3年間を過ごしてもらいたいと願っています。


(文責 高校教頭 平川吉治)